スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を育てる



今日は5時のチャイムが鳴った後、高速を利用してある所へ行ってきました

山本昌邦氏 特別講演会 『人を育てる』


サッカーを知っている人には超有名人

オリンピック代表やJリーグの監督、フル代表のヘッドコーチをやってきた方ですね

最近ではW杯の決勝戦の解説を行っていたり。


指揮官として世界を舞台に戦ってきた人の話なんてそうそう聞けるもんでもないし


こりゃ行くしかないっしょ(`・ω・´)ゞビシッ!!


講演が始まる前には歴代の日本代表のダイジェストが流れ、

いや~懐かしいっす


山本さんが出てこられてからは、終始観客目線で話されたんでもの凄く聞いてて楽しかった


中田ヒデのユース代表の頃の努力話とか

ゴン中山の日々の努力だったり

普段知っている選手の裏話なんかを交えて


テーマが『人を育てる』って少し硬い感じだけど、とても為になる1時間半でしたね


指導者(上司)は公平な判断を持って選手(部下)に接っさなければならず、平等なチャンスを与える必要は無い⇒努力をしない奴に、努力をしている奴と同様のチャンスは与えてはいけない

指導者(上司)は選手(部下)の小さな成功を大きく褒めなければならない⇒部下が自分で考えるように方向を見つけてやらなければならない

指導者(上司)は3つの役(医者・役者・易者)をこなさなければならない⇒医者・・・部下の健康管理、役者・・・部下のメンタルの持たせ方、易者・・・部下の将来の方向性

指導者(上司)と選手(部下)はあることを円滑にするために役職が分かれているのであって、人としての上下の区別をしているのではない⇒お互いに信頼関係を築かなければならない

などなど・・・


ドーハの悲劇の時のオフト監督のこと、日韓ワールドカップの時の選手のこと、アテネ五輪の時の選手の鼓舞の仕方、Jリーグでのこと、

指導者と選手の関係性を実話を混ぜての話でした


もうね、普通の会社でもホント同じことが言える内容で

マジ、為になったっす(`・д・´)

俺にもやっとこさ後輩出来たんで、良い先輩にならんといかんけんね

しかし、、、

山本さんの爪の垢煎じて

上層部の人たちに飲ませてぇ( ̄ー ̄)ニヤリ



いや、むしろ無理やりにでも飲め!!(小声

毎日の会議短めて聞きに行け!! (命令


ホント、頑張って行って良かったっす(´▽`*)


2010090620580001.jpg
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。